旅情電波発信局

ホラーゲームや映画やその他諸々の好きな事を書き綴っていくブログです。たぶんゲームの話題多め。

『千里の棋譜 ~現代将棋ミステリー~』レビュー!将棋を知らない人にこそ遊んでほしい将棋アドベンチャー!【PR】

2月27日発売の新作ケムコアドベンチャーのレビューです。

以前からケムコADVのレビューを趣味で書いていたところ、今回たまたまご縁があってソフトをいただけまして。

ch.nicovideo.jp

denji-ch.hatenablog.com


ということでPR記事とタイトルにつけていますが、あんまり普段と変わらない感じで書いていこうと思います。
以上の点をご留意頂いたら、さっそくレビューしていきましょう!
例によって、ネタバレには配慮しています。

 

  • 駒たちが躍動する将棋ミステリー
  • 少し毛色の違うケムコADV
  • 盤外勝負なんでもござれ!でもやっぱり将棋!な第二部
  • 将棋を知らない方が楽しめる……かも?
  • 総括
続きを読む

消えた電脳九龍城砦 ウェアハウス川崎を写真で振り返る (前編)

去る2019年11月17日、日本で最も有名なゲームセンターのうちの一つが、惜しまれつつも閉店した。

その名もウェアハウス川崎
神奈川県は川崎市に存在したその場所は、かつて香港に存在したスラム街「九龍城砦」をモチーフとする、唯一無二のゲームセンターであった。

f:id:denji_ch:20191205172559j:plain

 だって外観からしてこれだもん!

 こんなゲーセン他にあってたまるかって感じだ。
ビル全体が汚し塗装されていてボロボロ。
建物の無骨な形状も相俟って、威圧感がすごい。
本当に現代日本の建物か?
ウェアハウスの“ス”の文字が消えてしまっていたのもなんとも言えない味になっている。
風水の気脈がずれて陰界の九龍城が生えて来てるんじゃないのか?
それはクーロンズゲート

こんな怪しい雰囲気で有名なゲーセンだったのだが、関西在住の悲しさゆえ、実際に行くこと無く年月が経ってしまった10月のこと。

 これは行かねば一生後悔する!
というわけで、慌てて10月の某日に行ってきた次第。
なのになぜ12月に記事書いてるかって? 最近はいいゲームいっぱい出たからね…。

 なるべく写真多めで、ウェアハウス川崎の雰囲気を少しでもお届けできればいいなと。
予想以上に画像が多くてちょっと重いかもなので、二回に分けてお送りします。

続きを読む

Megabit Convention2019レポ! 自由な同人ゲームを遊ぶイベント!

 8月25日に大阪で開催された同人ゲームイベント、Megabit Conventionに行ってきたのでそのレポです。

続きを読む

ドラクエ知らない人から見て『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』はどんだけ駄目だったのか

今評判の、映画を観てきましたよ。ええ。

dq-movie.com

話題に乗り遅れた感はありますが、せっかくなので思った事を書いておきます。 

自分のスタンスは
ドラクエナンバリングタイトルを一切遊んだことない(DQモンスターズはやってる)
・事前にある程度のネタバレを踏んでた
DQ詳しい友人と観に行って、鑑賞後に原作との差異を教えてもらった
・あんまりアニメ映画は観ないが、年間100本位は映画を観る
みたいな感じです。


そういう視点から見てドラクエ映画どうだったの?っていうのを語っていきたいと思います。

この映画の事を語るには、どうしてもネタバレ必須だと思うのでネタバレします。
よってネタバレ注意です。

 

続きを読む

ぜんためレポ! 君は岐阜のゲームイベント「ぜんため」を知っているか

先日の8月3日、ぜんためというゲームイベントに行ってまいりました

zentame.com

ぜんため、というのは全国エンタメまつりの略称で、岐阜で開催されているゲームイベント。
今回が3回目の開催となるぜんために行ってきたのでそのレポ記事です。

  • 岐阜のゲームイベント!? 
  • 痛車展示のコーナーの異世界
  • ゲーム紹介もちょっとだけ
  • ぜんため まとめ

 

続きを読む

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzerを観てきた感想。なるべくネタバレ無し

公開初日で観てきましたジオウの夏映画!
ネタバレされるのが嫌だったのでマイナビ特撮アカウントをしっかりブロックして、朝イチの上映回に行きました。
俺はあの事件忘れてないからなマイナビ

f:id:denji_ch:20190726155909p:plain

zi-o-ryusoul.com

これがもう、あまりにもスゴい映画で、感想を吐き出さずにはいられなかった。

 ただし、映画の展開や、どこで誰が出るとかはあえて書かないので、ネタバレ記事が読みたい人はブラウザバックしてください。

あと、ネタバレは配慮しますが、多少内容の察しがつく可能性はあるので、何一つネタバレされたくない人は読まないでください。
というかそんな人間は今すぐインターネットから離れろ!
近々この映画を観る予定があって、最高の状態でこの映画を観たい人も今すぐスマホを真っ二つに折れ。 わかったか。

 

続きを読む